インテリジェント・フライトモード(IFM)

DJI-GO/DJI-GO4でのアプリによる自動操作です。

 

SPARKでは現在下記の操作が可能となっています。

 

・クイックショット(QuickShot)
・アクティブトラック(ActiveTrack)
・タップフライ(TapFry)
・ジェスチャーモード
・トライポッドモード

 

アプリ画面上のプロポマーク(送信機の形)をタップして起動しますが
これらの操作は離陸後でないと機能しない設定になっています。(ジェスチャーモードを除く)

 

 

 

QuickShot

Dronie、Circle、Helix、Rocketと4種の撮影モードがあります。

 

 

カメラビューで被写体を選択(ボックスで囲む)しモードを選択します。

 

特にCircle(被写体の周りを回る)、Helix(被写体の周りを上昇しながら回る)は送信機での操作は難しくありがたい機能です。

 

※ DJI GO4画面の「×」でモード解除です。不測の事態にいつでもモード解除できるように心がけましょう。

ActiveTrack

カメラビューで被写体を選択(ボックスで囲む)しモードを選択します。

 

 

トレース:設定した時の距離を保持したまま被写体を追尾します。送信機により撮影方向を操作することが可能。障害物センサーは機能しますが過信しないようにしましょう。

 

プロフィール:設定した時の距離、角度を保持したまま被写体を追尾します。送信機により撮影方向を操作することが可能ですが、障害物センサーは機能しません。

 

移動する被写体に対し機体の操縦はアプリに任せてカメラアングルの調整に専念できる大変便利なモードです。

 

最初は広い敷地でモード実行中に操作可能な内容、範囲を十分把握してください。カメラは常に被写体を向いており思わぬ障害物に衝突する恐れがあります。

 

※ DJI GO4画面の「×」でモード解除です。不測の事態にいつでもモード解除できるように心がけましょう。

 

※ 被写体の色合いが背景と被っている場合、光量不足、被写体の激しい動きなどで被写体を捕捉できなくなります。

TapFly

画面の任意の場所をタップするだけで高度を維持しながら飛行してくれるモードです。このモード選択の高度条件は1mとなっています。

 

■座標モード

 

画面上の地面・平面を指定、指定した場所まで自動飛行します。

 

モニター上の特定の位置をタップするだけなので意図しているところよりも遠くに行ってしまう場合もあります。他モードでも同様ですが飛行中はいつでもモード解除できるように心がけましょう。

 

■方向モード

 

飛行させる方向を指定、その方向に向かって自動飛行します。

 

送電可能距離まで永遠とその方向に飛んで行ってしまうので飛行距離、障害物には細心の注意を払いましょう。モード解除するまで止まりません。

トライポッドモード

三脚を使用しているかのように撮影できるモードです。

 

移動速度が3.6kmに制限され急激な動作が抑えられるためクレーンやドリーのように安定した撮影が可能。

 

近〜中距離での固定被写体の撮影はもちろんですがドローンの操作練習にも役立ちます。